日语试题 日语真题 日语学习资料 日语报名 日语教材 日语五十音图 日语视频教学
日语官微公众号
1.选择试题2.注册/登陆3.开始答题4.提交试卷5.查看成绩6.答案解析
您的位置:模考吧在线考试中心 > 外语 > 小语种 > 日语 > 确认进入考试
2017年上半年N1日语考试单选题模拟试题
试卷预览
第 1 题:单选题:

問題1___の言葉の読み方として最もよいものを、A・B・C・Dから一つ選びなさい。

駅前の店はどこも繁盛している。

A びんしょう 

B びんじょう

C はんしょう 

D はんじょう

第 2 题:单选题:

寒いので体調を崩さないように注意してください。

A.くずさない  

B. つくさない  

C. こわさない  

D. おびやかさない

第 3 题:单选题:

契約の内容については、こちらの書類をご覧ください。

A せいやく 

B けいやく

C こうやく 

D ようやく

第 4 题:单选题:

話しが本筋からそれてしまった。

A.もとすじ          

B.もときん        

C.ほんすじ          

D.ほんきん

第 5 题:单选题:

問題2 (   )に入れるのに最もよいものを、A・B・C・Dから一つ選びなさい。

この連載小説は全12話で( )する。

A 静止 

B 成就

C 完結 

D 終息

第 6 题:单选题:

 森林伐採が環境に(   )影響は大きい。

A.及ぼす           

B.授ける       

C.費やす           

D.掲げる

第 7 题:单选题:

会議ではA案に賛成したが、(   )を言えばB案の方がいいと思う。

A 本音 

B 本気

C 弱音 

D 弱気

 

 

第 8 题:单选题:

問題3 ____の言葉に意味が最も近いものを、1234から一つ選びなさい。

昨日は一日中どんよりした天気だった

A.曇っていて暗かった     

B.晴れていて明るかった      

C.風が吹いて涼しかった    

D.雨が降って蒸し暑かった

第 9 题:单选题:

彼はお金に関してルーズなところがある。

A ずうずうしい 

B だらしない  

C うるさい   

D よわい

 

第 10 题:单选题:

ある日、我が家に朗報が届いた。

A 意外な知らせ          

B    うれしい知らせ

C 大切な知らせ          

D めずらしい知らせ

 

第 11 题:单选题:

問題4 次の言葉の使い方として最もよいものを、A・B・C・Dから一つ選びなさい。

密集

A この地区は古い住宅が密集している。

B 毎週水曜日に会議のメンバーを密集している。

C このコンサートには世界中から有名な歌手が密集している。

D 趣味で外国の切手を密集している。

第 12 题:单选题:

めきめき

A.あの人は発言するたびに意見がめきめき変わる。            

B.入院して、健康のありがたみをめきめき感じた。        

C.遠慮しないで、めきめき召し上がってくださいね。        

D.水泳教室に通ったおかげで、めきめき上達した。

第 13 题:单选题:

満喫

A この音楽を聞くと、気持ちがとても満喫する。

B    この雑誌には、安いアパートの情報が満喫されている。

C    海外旅行に行って、久しぶりの休暇を満喫した。

D    これらの条件を満喫する人材を探しています。

第 14 题:单选题:

問題5 次の文の(   )に入れるのに最もよいものを、A・B・C・Dから一つ選びなさい。

いかなる理論でも、データによって実証されなければ多くの人に(   )しない。

A.受け入れは         

B.受け入れられは

C.受け入れられては      

D.受け入れられることは

第 15 题:单选题:

部屋の広さも考えず、店員に勧められる(   )、大きいテーブルを買ってしまった。

A まま     

B ままを    

C ままでも   

D ままなのに

第 16 题:单选题:

下水道工事中、ご不便をおかけ致しますが、どうかご理解(   )、よろしくお願い申し上げます。

A いたしたく  

B いただきたく 

C 差し上げたく 

D 申しあげたく

 

第 17 题:单选题:

「3歳までの育児は母親がすべきだ」と言う人もいるが、子育てをするのが母親で(   )、必ずしもそうではないと思う。

A なくてはならないからといって

B なくてはならないかというと

C あるわけにはいかないからといって

D あるわけにはいかないかというと

 

第 18 题:单选题:

自慢する(   )が、私は入社以来10年、一度も遅刻をしたことがない。

A.だけのことではない     

B.ほどのことではない

C.だけのことに過ぎない    

D.ほどのことに過ぎない

第 19 题:单选题:

問題6 次の文の  ★ に入る最もよいものを、A・B・C・Dから一つ選びなさい。

このレストランは、       ★      と評判だ。

A だけあって            

B 主人が

C 魚屋も経営している        

D 魚料理がおいしい

第 20 题:单选题:

かつて映画スターであった山田氏が初挑戦で知事選に勝利したのは、能力という___ ___    ___大きい。

A.ところが          

B.より       

C.よる            

D.人気と知名度に

第 21 题:单选题:

アルバイト先の仲間は、みんな         ★     話でいつも盛り上がっています。

A こともあって           

B ならではの

C 同世代              

D 年が近い

 

第 22 题:单选题:

読解文

問題7 次の文章を読んで、22から26の中に入る最もよいものを、A・B・C・Dから一つ選びなさい。

父が父でなくなっている。家族を統合し、理念を掲げ、文化を伝え、社会のルールを教えるという父の役割が消えかけている。 22家族はバラバラになって、善悪の感覚のない人間が成長し、全体的視点のない人間や無気力な人間が増えている。

父としての役割は立派な父でないと果たすことができない。立派でない父が家族を統合しようとし、理念を掲げても、家族から無視されるだけである。立派な父が必要とされているのに、その立派な父が育ちにくいのが現代社会である。そもそも「立派」などというものが流行らない世の中なのだ。全体の将来を考えてリーダーシップをとり、取りまとめ、ルールを教えるという「立派な」人格は、尊敬の対象にはなりにくい。あまり立派でない、むしろだらしのないくらいの父親のほうが 23 

父でなくなった父の典型が「友たちのような父親」である。彼らは上下の関係を意識的に捨ててしまった。価値観を押しつけることは絶対にしない。何をするのも自由放任である。しかし 24 は「自由な意志」を持つようにはなるが、「よい意志」を持つようにはならない。

「友だちのような父親」はじつは 25 。父とは子どもに文化を伝える者である。伝えるとはある意味では価値観を押しつけることである。上下の関係があり、権威を持っていて初めてそれができる。しかし 26の関係では、文化を伝えることも、生活規則、社会規範を教えることもできない。「もの分かりのいい父親」は父の役割を果たすことのできなくなった父と言うべきである。

                       (林道義『父性の復権』による)

 

22

A ところで                

B とはいえ     

C その結果                

D それでも

第 23 题:单选题:

23 

A 親しまれることになる          

B 親しみやすくさえあった

C 親しくなるだけのことだ         

D 親しめるのではなかったか

第 24 题:单选题:

24 

A 子どもの父               

B 父の子ども

C このような子どもの父親         

D そういう父親の子ども

第 25 题:单选题:

25

A 父である                

B 父ではない

C 父だったのだ              

D 父ではないのか

第 26 题:单选题:

26

A 対等                  

B 上下       

C 他人                  

D 家族

第 27 题:单选题:

問題8 次の(1)から(4)の文章を読んで、あとの問いに対する答えとして最もよいものをABCDから一つ選びなさい。

 

(1)  他の人の成功事例をマネすることが、必ずしも自分の成功を約束するものではなくなったのがいまの時代です。昨日までの成功は、今日の成功を意味しません。そのような時代に大切なのは、やはり創造力です。そして創造力とは新しいものをつくりだす力を意味している以上、失敗を避けて培えるものではありません。

  創造力を身につける上でまず第一に必要なのは、決められた課題に解を出すことではなく、自分で課題を設定する能力です。

 

筆者によると、いまの時代に創造力を養うには何が必要か。

A.失敗を経験しながら課題を見つけ出す力        

B.失敗を重ねながら課題をこなしていく力       

C.失敗を生かしながら課題を遂行する力          

D.失敗を受け入れながら課題を解く力

第 28 题:单选题:

(2)  以下は、ある会社が取引先に出した文章である。

 

                            2010年11月10日

エービーシー株式会社

海外営業部長 田中春子 様

                            アサクラ株式会社

                            国際課長 西田良雄

拝啓

  貴社はますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。

  先日お知らせいたしました通り、弊社は、事業拡大のため、来月1月に本社を現在の朝日ビル(北森区)から山中ビル(西川区)に移転いたします。それに先立ちまして、これまで東川区にございました国際課も、12月3日に山中ビル5階に移転することになりました。つきましては、以下の通り新住所および連絡先をお知らせいたします。

  今後とも、なお一層のご愛顧のほどお願い申し上げます。

敬具

  新住所     :141-0023 東京都西川区大町1-5-20 山中ビル5階

  新電話番号  :03-7434-5656

  新FAX番号 :03-7434-5657

                                      以上

 

この文章で最も伝えたいことは何か。

A.アサクラ株式会社の国際課が1月に山中ビルに移転すること        

B.アサクラ株式会社の国際課が12月に山中ビルに移転すること      

C.アサクラ株式会社の本社と国際課が1月に山中ビルに移転すること       

D.アサクラ株式会社の本社と国際課が12月に山中ビルに移転すること

第 29 题:单选题:

(3)  価値観や科学的常識は、誰にとってもいつの世でも、変わらぬものだと感じがちです。しかしそれは雲の形のように、一見、静止しているように見えて、じつはゆっくりと変化しています。あまりにもゆっくり変化するため、多くの人が、雲は静止画のように変化しないものだと信じているのです。

  誰もが、たまたま自分の成長期に見ていた雲こそが「正しい雲の形」だと思い込みます。こうしてそれぞれの世代の人の脳裏にある雲の姿は、お互いに少しずつズレてきて、すれ違いが起こるのです。

 

筆者は、すれ違いが起こる原因をどのように説明しているか。

A.見る雲の形はどの世代でも変わらないが、一人一人は違う雲の形を見ているため         

B.見る雲の形はどの世代でも同じだが、一人一人の記憶の中で雲の形が変わっていくため      

C.見る雲の形は世代によって違うが、一人一人は雲の形はいつも同じだと思っているため       

D.見る雲の形は世代によって異なるが、一人一人の好きな雲の形はそれ以上に違うため

第 30 题:单选题:

(4)  データが示す姿は光の部分もあれば影の部分もある。そのどちらか一方だけを強調することは、分かりやすさという面はあるものの、いたずらに対立軸を先鋭化させたり、無用の混乱を生じさせる危険性がある。

  これらをいちいち意識しているのは大変であるが、少なくともデータをやみくもに信じてしまう態度だけはとるべきでない。データの罠を見分ける力、すなわちデータリテラシーは、多くの人にとって必要なものではあるが、本来は、公平で客観的報道に努めるべきメディアに携わる人間が、しっかりと備えていなければならない必須の条件である。

 

筆者によると、報道に携わる人間が備えておくべき必須条件とは何か。

A.示されたデータから影の部分を取り除く力         

B.示されたデータは偏ったものではないか見抜く力       

C.示されたデータをありのまま分かりやすく伝える力      

D.示されたデータから報道目的の合ったものを選び取る力

第 31 题:单选题:

問題9 次の(1)から(3)の文章を読んで、後の問いに対する答えとして最もよいものを、A・B・C・Dから一つ選びなさい。

(1)

以前、花見をしている時に「桜の花は本当にきれいな正五角形(注1)だね」と言ったら、風情のない人だと笑われたことがあった。確かに、桜の花びらには微妙な色合いや形、そして香りに加えて、散りゆく美しさがある。花を()でる和歌や俳句は数限りないが、そのなかに「正五角形」という言葉が使われたことはおそらく一度もないであろう。科学者特有の美意識は、風流とはかなり異質なものなのだと悟った。

科学において本質以外を切り捨てるためには、大胆な抽象化と理想化が必要である。桜の花びらのたくさんの特徴の中から、「正五角形」という形だけを取り出すこと。これが抽象化である。実際に数学的な意味で完全な正五角形を示す花びらは少ないだろうが、そこにはあまりこだわらない。これが理想化である。

自然界で正五角形のような対称性を示すためには、必ず規則的な法則があるはずである。花の場合、品種によって()(べん)(注2)の回転対称性が遺伝子で決定されていることは間違いないから、うまくこの遺伝子を突きとめられれば、花の形を決める普遍的な法則が見つかるに違いない。このように、抽象化と理想化によって自然現象は単純に整理でき、普遍的な法則を見つける助けになる。

(酒井邦嘉『科学者という仕事』による)

(注1)正五角形:五つの辺の長さが等しい五角形

(注2)()(べん):花びら

筆者は、自分が笑われた原因はどこにあると考えているか。

A 科学者らしくない趣のある表現で桜の花を褒めた点

B 自分が桜の美しさを理解できていなかった点

C 桜の花は自分が述べた形をしていなかった点

D 桜の美しさを科学者的な視点から表現した点

第 32 题:单选题:

ここでの理想化とは何か。

A 桜の花はどれも正五角形であるとみなすこと

B    桜の花には共通する特徴があるとみなすこと

C 桜の花には数学的な美しさがあると考えること

D 桜の花は他のどの花よりも正五角形に近いと考えること

第 33 题:单选题:

筆者の考えによると、花の場合、抽象化と理想化によって何が期待されるか。

A 花には品種を越えた共通点があることが明らかになること

B 自然界に咲いている花の美しさに普遍性が見いだされること

C 花の形がどのように決まるのかその仕組みが解明されること

D 花の形の対称性が遺伝子によるものであることが証明されること

 

第 34 题:单选题:

(2)

 住居を買おうとするときは、その資産的な価値に重点を置いて考える人が多い。普通の人にとっては、一生に一度の買い物とでもいうべきもので、多額の金を費やさなくてはならないので、当然のことだ。買った後で、何らかの事情で売らなくてはならない羽目になったときに、価値が減少していたのでは、大損害を被る。

 だが、住居にとってより重要なのは、その有用性(注1)である。住みやすさが必要なのはもちろんだが、自分のライフスタイルに合った構造になっているとか、生活のしやすい環境にあって利便性(注2)に富んでいるとかの点も、重要な要素である。それらは必ずしも世間一般の価値基準とは一致しない。したがって、自分たちの考え方や行動様式に従い、それに照らし合わせて判断する必要がある。

 特に、(つい)住処(すみか)(注3)として考えるときには、自分たちの生き方をはっきりと見極め、その視点に立ったうえで、選択し決めていかなくてはならない。年を取ってくれば、当然のことながら、行動する能力は衰えてきて、動き回る範囲は狭まってくる。

 自分たちの余生がどのようなものになるかについて、計画を立てたうえに想像力を働かせて、確実性の高い予測を組み立ててみる。その未来図に従って、住むべき場所の見当をつけ、住居の大きさや構造などを決めていく。もちろん、将来の経済状勢の大きな変化に備えて、予算を大きく下回る出費に抑えておくことも必要であることは、いうまでもない。

(山崎武也『シニアこそ都会に住もう——田舎暮らしは不安がいっぱい』による)

(注1)有用性:役に立つこと

(注2)利便性:便利さ

(注3)(つい)住処(すみか):人生を終えるまで住む家

世間一般の価値基準として筆者が本文であげているのは何か。

A 長期にわたって居住できる物件であること

B 将来売却するときにも有利な物件であること

C 購入者の生活様式に合った物件であること

D 購入時の費用負担が抑えられる物件であること

第 35 题:单选题:

筆者の考えでは、年を取ってから住む家として住居を選ぶときに最も大切なことは何か。

A 老後の生き方や行動範囲に沿っているかを判断する。

B 老後は行動する能力が衰えるため家の構造を優先する。

C 未来の予測に沿って決めた予算と同じくらいのものを選ぶ。

D いつか売るときのことも考えて資産的な価値を重視する。

 

第 36 题:单选题:

住居選びについて、筆者が最も言いたいことは何か。

A 人が生活する上でどんな住居に住むかはとても大切であり、一般的な価値基準も参考にしたほうがよい。

B 他人と考え方が異なったとしても、自分の生活スタイルを重視して将来の住居を決定したほうがよい。

C 将来の経済状勢の変化に備えて、できるだけ資産価値の下がりにくそうな住居を選んだほうがよい。

D 年を取るにつれて住居の好みも変わってくるため、その時々の考えに合わせて住居を選択したほうがよい。

第 37 题:单选题:

(3)

 人間は、(しょ)(せん)、時代の子であり、環境の子である。わたしたちの認識は、自分の生きてきた時代や環境に大きく左右される。ある意味、閉じ込められているといってもいい。認識できる「世界」はきわめて限定的なのであり、時代や環境の制約によって、認識の()(がた)(注1)ができてしまうから、場合によっては、大きく(ゆが)められた「世界」像しか見えなくなることもある。わたしたちは、①そういう宿命を背負っているのである。

 だから、「世界を知る」といいつつ、実は、(へん)(きょう)な認識の鋳型(いがた)で「世界」をくり()いて(注2)いるだけということが生じたりする。()(がた)が同じであるかぎり、断片的な情報をいくら集めたところで、「世界」の認識は何も変わらない。固まった世界認識をもつことは、「世界」が大きく変化する状況では非常に危険なことである。

 一方で、これほど情報環境が発達したにもかかわらず、②「世界を知る」ことがますます困難になったと感じている人も増加している。果てしなく(ぼう)(ばく)(注3)と広がり、しかも絶えず激動する「世界」が、手持ちの世界認識ではさっぱり見えなくなってきているからだ。たしかに、ただ(まん)(ぜん)とメディアの情報を眺めているだけでは(げき)(りゅう)()み込まれてしまう。

 いまこそ、時代や環境の制約を乗り越えて、「世界を知る力」を高めることが痛切に求められているのではないか。

 もちろん、時代や環境の制約から完全に自由になることはない。しかし、凝り固まった認識の()(がた)をほぐし、世界認識をできるだけ柔らかく広げ、自分たちが背負っているものの見方や考え方の限界がどこにあるのか、しっかりとらえ直すことはできるはずだ。

(寺島実郎『世界を知る力』による)

(注1)()(がた):ここでは、画一化した型

(注2)くり()いて:ここでは、切り取って

(注3)(ぼう)(ばく):広がりがあり過ぎて、はっきりしない様子

そういう宿命とはどういう意味か。

A 現代の人々は考えが時代や環境に(ゆが)められ、「世界」の見方が定まらない。

B 現代の人々は時代や環境の制約を受けており、「世界」が正しく見えないこともある。

C 人間はものの見方が時代や環境に縛られ、「世界」が正しく見えないこともある。

D 人間は生き方が時代や環境に大きく影響を受け、「世界」の見方が定まらない。

第 38 题:单选题:

「世界を知る」ことがますます困難になったのはなぜか。

A 個人の世界認識が狭まり、実世界の時代の変化をつかみにくいから

B 個人の世界認識が固まらず、実世界の情報に惑わされてしまうから

C 個人の世界認識が、実世界のめまぐるしい変化や情報量に対応できないから

D 個人の世界認識が、高度に発達している実世界の情報環境に追いつけないから

第 39 题:单选题:

筆者は、「世界を知る力」を高めるためにできることは何だと考えているか。

A 今までの世界認識を改め、できるだけ多くの情報を得ること

B 時代や環境の制約を克服して、自分の世界認識の限界を越えること

C   情報の(げき)(りゅう)()み込まれず、自分の世界認識の枠から自由になること

D    自分の世界認識にできるだけ柔軟性を持たせ、その範囲を自覚すること

第 40 题:单选题:

問題10 次の文章を読んで、後の問いに対する答えとして最もよいものを、A・B・C・Dから一つ選びなさい。

 

心理学は昔から心について研究してきたわけですが、実は肝心の感情(情動)についてはまだよくわかっていないのです。えっ、感情こそ心理学が得意とするところではないのですか、と①不思議に思われるかもしれません。しかし、現代の心理学が得意としているのは、どちらかというと、私たちが目や耳で周囲の世界をどのようにとらえるかという感覚や知覚の働きであり、どのようにものを考えるかといった認知と呼ばれる働きについてです。そうした働きと感情を一体化した心のプロセスが、私たちの②全体的な「生」の体験なのかもしれません。

 最近では脳科学やコンピュータの専門家と協力しながら、世界中の精鋭たちが心のメカニズムの研究に取り組んでいます。その成果がロボット工学などに応用されているわけです。人間と同じように見たり、聴いたり、歩いたり、話したりする精巧なロボットたちが作られています。しかし、まだ感情機能をもつに至っていないのはご存知のとおりです。ロボットもうれしそうな表情などをしてみせることはできます。犬型のペット・ロボットならしっぽを振る仕草(しぐさ)もします。しかし、それらは表面的な動作を真似(まね)しているだけで、感情の働きがそうさせているわけではありません。複雑な心の働きの中でも特に感情機能を解明するのは難しく、それをうまく再現できないからです。

感情は私たちの体験を豊かに(注1)裏打ちして、なにかを選んだり、しようとしたりする行動を(注2)駆り立てる動因にもなります。例えば、好き嫌いを理屈(論理)で説明することは難しいはずですが、実際の行動は簡単にやれます。ボーイフレンドやガールフレンドを論理や計算だけで選ぶ人はいないはずです。まあ、(注3)計算づくで結婚相手を決めようとする人もいるでしょうが、その裏には別の気持ちが動いていそうです。感情は私たちの思考や行動の土台になっていると考えることができそうです。そのため、気持ちの落ち込みがひどいときには、普段何気なくやれていたことができなくなることがあるのです。

(佐藤静『こころサポート』による)

 

(注1)裏打ちして:土台として支えて

(注2)駆り立てる:何かをせずにはいられないような気持ちにさせる

(注3)計算づくで:自分の損にならないようにいろいろ考えて

 

不思議に思われるとあるが、人々は何を不思議に思うのか。

A 心理学では感情機能についてまだ十分わかっていないこと

B 心理学では認知と感情の関係がまだ解明されていないこと

C 心理学は感情の働きを研究するのが得意だということ

D 心理学が昔から心について研究してきたということ

第 41 题:单选题:

筆者の言う②全体的な「生」の体験とは何か。

A 心で感じとったことを、そのまま行動に移すような体験

B 身の回りの世界を目や耳で認識して考え、心で感じる体験

C どのように周囲を見たり聴いたりして考えるかという体験

D 感覚や知覚で周囲の世界のものごとをとらえようとする体験

第 42 题:单选题:

この文章では、ロボットを取り上げて何を説明しているか。

A ロボットの感情のメカニズムの複雑さ

B 最近のロボット工学の進歩のめざましさ

C 人間の動作や表情を再現することの難しさ

D 人間の感情の働きを解明することの難しさ

第 43 题:单选题:

筆者の述べている感情の働きを以下のようにまとめる場合、(   )に入るものとして適切なのはどれか。

「私たち人間は、感情の働きによって(   )。」

A 何かをしたいと思い行動を起こす

B ものごとを感覚でとらえようとする

C 相手の心を分析して理解しようとする

D 好き嫌いを論理的に考え判断する

第 44 题:单选题:

問題11 次のAとBの意見文を読んで、後の問いに対する答えとして最もよいものを、ABCDから一つ選びなさい。

A

  テレビや新聞などで年々深刻化するゴミ問題が取り上げられている。例えば一般的な家庭ごみとして、生ゴミのほかにも食品容器などの過剰包装による廃棄物が多く見られるという報告がある。最近では指定されたゴミ袋を買ってゴミを捨てたり、客に買い物袋の持参を促したりする動きがあるが、ゴミの量に変化は見られない。

  もし、自治体が家庭ごみ一個の収集につき○○円と有料化すればゴミは減るかもしれない。ゴミ自体の廃棄にもお金がかかるようになれば、誰もがゴミを出す前に考えるようになるだろう。そうなれば消費者は不必要な包装を断り、使用可能な物まで捨ててしまうことも減少するのではないだろうか。

 

B

  現代社会は数十年前と比較にならないほど便利な生活が可能になった。しかし、不要になった物を再利用することよりも便利さを優先してきた結果、家庭ごみは増え続ける一方だ。

  家庭ごみを減量するため、現在、ゴミ袋を有料化し消費者が処理費用の一部を負担することになっている。しかし、それだけでは不十分であり、所定の場所でのごみの収集にかかる費用を消費者に負担させようという意見も出ているが、そうなればごみを所定以外の所に隠れて捨てるおそれも出てくる。このような問題を解決せずに安易にこれを実行に移すのには賛成しかねる。

  物が生産され、消費者が購入し、不要なものは廃棄されゴミになるという循環を考えると、新しい製品を次々と作りだす生産者も、それに慣れ切ってしまった消費者も便利さに対する意識を変える必要があるのではないか。

 

AとBが共通して問題だと指摘していることは何か。

A.家庭ごみが所定の場所以外に捨てられること   

B.ゴミ処理の費用を消費者が負担すること 

C.ゴミ問題への生産者側の意識が薄いこと

D.家庭で出されるゴミが減らないこと

第 45 题:单选题:

家庭ごみ収集の有料化についてAとBはどのように述べているか。

1.AとBも、ゴミ処理費用を消費者が負担することになるので、ゴミの減少に貢献するだろうと述べている。          

2.AもBも、有料化しても家庭ごみは減らないばかりか、ゴミ捨ての規則を守らない人が出てくるだろうと述べている。    

3.Aでは有料化すればゴミに対する考え方が変わるだろうと述べ、Bでは有料化する前に意識改革が必要だと述べている。    

4.Aでは有料化すれば資源の無駄遣いが少なくなるだろうと述べ、Bでは有料化すれば便利さに対する意識が変わると述べている。

第 46 题:单选题:

ゴミ問題についてAとBはどのように考えているか。

1.AもBも生産者と消費者の双方が協力すれば改善できると考えている。       

2.AもBも、自治体の協力を得て消費者地震が対応すべき問題だと考えている。        

3.Aでは消費者が対応すべきだと考えているのに対し、Bでは主に生産者が取り組むべきだと考えている。      

4.Aは自治体が対応すればいいと考えているのに対し、Bは生産者や消費者の意識も大切だと考えている。

第 47 题:单选题:

問題12 次の文章を読んで、後の問いに対する答えとして最もよいものを、A・B・C・Dから一つ選びなさい。

最近、思想を表現する方法について考えることが多くなった。たとえば、文章は思想を表現する方法のひとつだけれど、その文章にもいろいろな表現形式がある。哲学の勉強をはじめた(ころ)の私は、さまざまな形式のなかで論文という形式だけが、思想表現の方法にふさわしいと思っていた。

しかし、後に、この考え方を訂正しなければならなくなった。思想の表現として、論文が唯一の方法だということは絶対にない。私たちは、すぐれたエッセーや小説、詩をとおして、しばしば思想を学びとる。とすれば、思想を表現する文章のかたちは、自在であってよいはずである。

ところが、そう考えてもまだ問題はある。というのは、思想の表現形式は、文章というかたちをとるとは限らないのだから。絵でも彫刻でも、音楽でも、つまり実にさまざまなものを用いて、思想を表現するのは可能なはずである。そのなかには、かたちにならないものもある。

たとえば私の村に暮らす人々のなかに、自然に対する深い思想をもっていない人など一人もいない。村の面積の96パーセントを森や川がしめるこの村で、自然に対する思想をもたなかったら、人は暮らしていけない。ところが村人は、<自然について>などという論文を書くことも、文章を書くこともないのである。そればかりか、自分の自然哲学を、絵や音楽で表現しようとも考えない。

そんなふうにみていくと、村人は自然に対してだけではなく、農についての深い思想や、村とは何かという思想をももっているのに、それらを何らかのかたちで表現することも、またないのである。

とすると、村人たちは、どんな方法で自分たちの思想を表現しているのであろうか。私は、それは、<作法>をとおしてではないかという気がする。

(中略)

考えてみれば、もともとは、作法は、思想と結びつきながら伝承されてきたものであった。たとえば昔は、食事の作法を厳しくしつけられた。食べ物を残すことはもちろんのこと、さわぎながら食事をすることも、けっしてしてはいけなかった。それは、食事は生命をいただくものだ、という厳かな思想があったからである。(ちゃ)(わん)の中の米だけをみても、人間はおそらく何万という生命をいただかなければならない。だから、そういう人間のあり方を考えながら、いま自分の身体のなかへと移ってくれる生命に感謝する。この思想が食事の作法をつくりだした。

 ところが、近代から現代の思想は、このような、日々の暮らしとともにあった思想を無視したのである。その結果、思想は、文章という表現形式をもち、文章を書く思想家のものになった。そして、いつの間にか人間の上に君臨し、現実を支配する手段になっていった。

(内山節『「里」という思想』による)

47 かたちにならないものとして筆者が挙げているのはどれか。

A 自然

B 生命

C 感謝

D 作法

第 48 题:单选题:

この文章中で筆者は、自分の村に暮らす人々がどんな思想をもっていると述べているか。

A 自然の中で生きるための思想や、農業や村のあり方についての思想

B 自然を壊さずに暮らすために、農業や村人はどうあるべきかという思想

C 自然に対する感謝を表すために、村人としてどうするべきかという思想

D 自然を取り戻すための思想や、自然を利用する農業のあり方についての思想

第 49 题:单选题:

食事の作法は、次のどのような考え方と結びついているか。

A 多くの労力がささげられて作られた食べ物が、いかに尊いものであるかという考え方

B 何かを食べないでは生きてはいけない人間のあり方が、いかに罪深いものであるかという考え方

C 食事は農が生み出したものをいただくものであり、農業を営む村人への感謝が必要だという考え方

D 食事は他の生命を自分の身体に取り入れるものであり、それらの生命に感謝しなければいけないという考え方

第 50 题:单选题:

この文章中で筆者が述べていることはどれか。

A 思想の表現は必ずしも文章や作品というかたちをとるとは限らず、かたちにならないものもある。

B 思想は絵や音楽のようなかたちに表わされるものと考えられてきたが、深い思想とはかたちにならないものである。

C 思想の表現には絵や音楽などもあるし、かたちにならないものもあるが、文章で表現されたものが最上のものである。

D 思想は文章や作品のようなかたちになったものが尊重されるが、生活と結びついた深い思想はかたちにならないものである。

第 51 题:单选题:

問題13 右のページは、留学生向けの奨学金募集の案内である。下の問いに対する答えとして最もよいものを、A・B・C・Dから一つ選びなさい

 

         財団法人 日本留学生奨学財団

2011年度 外国人留学生奨学生募集要項

1.募集人員   30名

2.奨学金の支給額・支給方法など

① 支給額  大学院修士課程(博士前期課程) 月額100000円

       大学院博士課程(博士後期課程) 月額120000円

② 支給期間 在籍する大学院の正規の修学期間で、最長3年間

③ 支給方法 毎月一回決まった日に、受給者本人名義の銀行口座に直接振り込む

    3.応募資格

      ①国籍・ビザについて

       日本以外の国籍を有し、勉強または研究のための在留資格(例えば留学)で、日本に入国した者

      ②対象

       日本国内の大学院で、理学、工学、農学の分野を専攻している者

       2010年4月時点で、修士課程の1年次、博士課程の1年次か2年次に在籍している者、または修士課程の2年次で、2011年4月に博士課程進学を予定している者

       2009年度の大学院での成績が2.8以上(満点3.0)で、心身ともに健康な者

       2011年度に、それぞれの政府、日本政府、他の財団などの奨学金支給を受けない者

    4.応募方法

      ①提出書類(指定のものは当財団ホームページからダウンロードして使用すること)

       2011年度日本留学生奨学財団奨学生応募用紙(指定のもの)

       在学証明書と2009年度の成績が分かる成績証明書

       在籍大学院の指導教授からの推薦書

       研究計画書(3000字以内)、書式は自由

      ②応募締め切り 2010年7月31日必着

       なお、申請者が直接応募するのではなく、必ず所属の大学院を通じて応募すること

    5.選考方法  

       応募書類、面接を総合的に判断して決定する

    6.決定通知

       2010年9月10日までに所属の大学院を通じ、書面で通知する

    7.問い合わせ先

       日本留学生奨学財団  http://www.ryugaku.or.jp/

 

 

 

日本の大学・大学院に在学している次の学生のうち、この奨学金に応募できるのは誰か。

 

名前

国籍

2010年4月時点の在籍年次

専攻成績

成績

2011年度他の奨学金の受給予定の有無

ソムシリー

タイ

修士1年

電子工学

3.0

ワン

中国

博士2年

農学

2.9

アフマド

エジプト

修士1年

法学

2.8

ジョン

アメリカ

学部4年

理学

3.0

 

A.ソムシリーさん         

B.ワンさん       

C.アフマドさん          

D.ジョンさん

第 52 题:单选题:

キムさんは、2010年4月現在、日本の大学院の修士課程2年生で農学を専攻している。2011年度には博士課程に進学予定である。キムさんが、この奨学金に応募する場合、応募時に必ずしなければならないのは、次のどれか。

A.ホームページから研究計画書の様式をダウンロードする。

B.博士課程進学が決定していることを証明する書類をもらう。        

C.出身大学の指導教授の推薦書を取り寄せる。         

D.応募書類を大学院の事務所に提出する。

做了该试卷的考友还做了